Loading posts...
  • 利用希望者対応で感じてること

    SHIPはまだ新しい法人ではありますが、職員が支援に誇りを持ち、胸を張って法人の説明し、利用される方々に理解の上選ばれることを目指します。

  • 新規事業に向けて2

    いよいよグループホームの建設が始まりました。しかし物件の引き渡しが少し遅れそうなので、事業開始は7月からになりそうです。生活介護は4月開設に向け順調です。早めに職員を確定し、万全の態勢で挑みたいと考えています。

  • 子笑新プログラムを紹介します

    放課後等デイサービス子笑で今年最後の内部研修を行ってきました。TEACCHでは幼少のころからの支援が重要と言われています。
    私個人も成人の支援をしてきた中で、幼少からの適切な支援の必要性を実感してきました。

  • 発展するために

    来期の新規事業も具体的になってきました。今回は今後法人が発展するために何が重要か考えてみたいと思います。一緒に、さらに質の高い職場環境をつくり、一緒に質の高い支援と事業の発展につなげて行きましょう。

  • 伸びる人、伸びない人

    人材育成の目的は成長させることだと思います。先月成長するための環境について書きましたが、今回は個人に着目します。少しでもより良い支援をするために一緒に頑張っていきましょう。

  • なぜ学ぶ必要があるのか?

    こんにちわ、社会福祉法人SHIPヒューマンリソース推進室の若林です。
    今回はなぜ学ぶ必要があるのか?を考えてみようと思います。
    日本の知的障害者の福祉サービスは長らく支援者の人柄や熱意に頼ってきました。
    また、関係性による支援に頼ってきました。
    SHIPでは職員がより効果的に学べる環境をつくり、より根拠と自信を持って職員が充実した支援できることを追求していきたいと考えています。

  • 自閉症カンファレンス2018に参加してきました

    自閉症カンファレンスとは各地での支援の取り組みと成果について知りたいという保護者の要望に応えるために、
    故佐々木正美先生とTEACCH部初代ディレクターの故エリック・ショプラー教授によってスタートしました。
    毎年全国から1000人以上の人々が集まり、日本の自閉症支援の進歩に大きな貢献を果たしているセミナーです。

  • TEACCH® Beyond the Basics Seminarに参加してきました

    8月12日から3日間、佐賀でTEACCHの資格取得のための研修に参加しました。
    もし、TEACCHの実践を行っていきたいが方がいたら気軽に連絡ください。
    一緒に利用者にとって本当に質の高い支援とは何か考えていきましょう。

  • 想像すること

    毎日暑い日が続きますが、SHIPでは夏季休暇があります。みなさん、忙しいですが協力し合って、それぞれ夏休みを取ってリフレッシュしてくださいね。
    今回は利用者支援をする上で想像することの大切さについて考えてみたいと思います。

  • 今子供達に必要な支援を考える

    今回は私なりに今必要な支援について考えてみたいと思います。
    最近は児童の支援にかかわることが多いので、子供たちの置かれた環境について考えることが多くあります。
    今の支援者の関わりが、利用者の未来を決めます。
    支援する一つひとつの積み重ねが利用者の将来の選択肢を広げることになります。