社会福祉法人の財務諸表等電子公開システムにて以下をご確認できます。

バナーをクリック ☞

2008 平成20年8月 NPO法人SSSとして共同生活援助 ラ・ファミ・ド八王子 開設
2010 平成22年4月 NPO法人SSHとして就労継続支援B型 ESPRIT 開設
2011 平成23年2月 共同生活援助 サクレ江戸川 開設
2013 平成25年4月 特定相談支援事業所・障害児相談支援事業所 いまここ 開設
2014 平成26年4月 放課後等デイサービス 笑 開設
2014 平成26年8月 就労継続支援B型 エスプリドゥ 開設
2014 平成26年8月 共同生活援助 友 開設
2014 平成26年9月 生活介護 笑 開設
2014 平成26年10月 ショートステイ友 開設
2015 平成27年7月 社会福祉法人SHIP設立 菱田貴大が理事長に就任
2015 平成27年10月 全事業(エスプリドゥ以外)を社会福祉法人SHIPへ継承
2016 平成28年4月 就労継続支援B型 ESPRIT 出張所 増設
2016 平成28年6月 エスプリドゥを社会福祉法人SHIPへ継承
2016 平成28年9月 臼井大悟が理事長に就任 本部事務所をあきる野市秋川1-12-1-1Bに移転
2016 平成28年11月 就労移行支援 EXP立川 開設
2017 平成29年9月 就労継続支援B型 エスプリドゥ従たる事業所 増設
2018 平成30年10月 就労定着支援 EXP立川 増設
2019 令和元年6月 生活介護 笑プラス 開設
2019 令和元年8月 共同生活援助 友セカンド 開設
2019 令和元年9月 共同生活援助 サクレ江戸川6 増設
2020 令和2年5月 居宅介護・重度訪問介護・行動援護・移動支援 ウォーク 開設
2020 令和2年9月 共同生活援助 友を友セカンドへ合併
2021 令和3年4月 共同生活援助 サクレ江戸川7 増設
2022 令和4年4月 就労継続支援B型 ボンシュシュ 開設
2022年度 中軽度グループホーム 定員10名 八王子市
2022年度 生活介護 定員20名 あきる野市、昭島市、立川市、八王子市近郊
2022年度 重度グループホーム 定員20名 あきる野市、昭島市、立川市、八王子市近郊
2023年度 中軽度グループホーム 定員10名 立川市、昭島市、八王子市近郊
2023年度 精神科クリニック 多摩エリア
2023年度 相談支援 多摩エリア
2024年度 中軽度グループホーム 定員10名 立川市、昭島市、八王子市近郊
2025年度 中軽度グループホーム 定員10名 立川市、昭島市、八王子市近郊
2025年度 生活介護 定員20名 あきる野市、昭島市、立川市、八王子市近郊
2025年度 重度グループホーム 定員20名 あきる野市、昭島市、立川市、八王子市近郊

障がい者の福祉サービス不足

障がいを抱えている人が”あたりまえ”に地域で暮らす社会へ

対象:全サービス

コメント:低年齢から適切な支援を提供することで二次障害を予防、重度知的障がい者の高齢化、医療ケア問題は課題

学童期からの適切な支援を通じて二次障害の予防を目指します。新規は若年化、既存は高齢化の傾向。医療サポート体制が課題となっています。

対象:グループホーム

コメント:より重い障がい者の地域移行を促進

支援区分『6』が支援の必要度がもっとも高いことを示します。SHIPでは区分6の方でも地域で当たり前に生活できる社会づくりを目指します。

コメント:東京都の目指す方針に沿って重い障がい者の地域移行が徐々にすすんでいる

既存の高齢化と新規の若年化で両極化しており、結果として年齢層は若くなっています。令和2~3年度に軽度グループホームを開設したため、『区分なし~区分3』の層が増加しました。

コメント:東京都の目指す方針に沿って重い障がい者の地域移行が徐々にすすんでいる

日中サービスの登録人数は『就労系サービス』が大半を占めています。そのため、働ける若年齢層の比率が高くなっています。令和元年に生活介護事業を開設したため、支援区分は高くなっています。

障がい者支援のサービスの質低下

専門的・先進的支援の推進により、サービスの“質”を追及

支援の取組み事例

利用者満足度 は第三者評価結果へ 

とうきょう福祉ナビゲーション >> 福祉サービス第三者評価情報 >> 社会福祉法人SHIP

バナーをクリック ☞ 

研修の種類
内部研修(病気・障害の理解)
知的障害
発達障害(ASD)
発達障害(ADHD)
気分障害
統合失調症
神経症
パーソナリティ障害
アディクション
パニック障害
強迫性障害
睡眠障害
内部研修(相談援助)
相談援助(基本姿勢)
相談援助(ラポール形成)
相談援助(プロセス)
相談援助(面接に入る前の準備)
相談援助(面接の具体的技法)
動機づけ面接法(質問技法)
動機づけ面接法(傾聴技法)
動機づけ面接法(情報提供技法)
認知行動療法の基本
内部研修(ASD・重度知的障害の専門研修)
ASDの基礎
ASDの脳機能と学習スタイル
氷山モデル
TEACCH構造化支援の基礎
課題分析表の作り方と評価
自立課題について
ストラクチャードティーチング
応用行動分析
TTAP
絵画語彙発達検査
その他の内部研修
障害福祉の歴史
(障害者が地域で暮らすには)
福祉制度理解と
ケースマネジメント
感情理解の基礎
行動観察の基本
エゴグラムで性格特性を知る
アサーティブコミュニケーション
SST(ソーシャルスキルズトレーニング)
BWAP2(就労アセスメント)
自殺防止
承認スキルUP
マインドフルネス
事例検討会
内部研修(ビジネス系)
障害福祉サービス報酬の理解
区分認定調査の理解と対応
支援提供の役割
ビジネスマナ
労務管理
文章・ブログの作成
整理整頓の基礎講座
人事考課制度のポイント
スーパービジョン
リーダーシップ
フォロワーシップ
ファシリテーション
タスク管理
マーケティングタウン
チームビルディング
ロジカルシンキング
(ゼロ秒思考)
ロジカルシンキング(PREP法)
フレームワーク
内部研修(虐待防止)
虐待防止チェックリスト
虐待防止・権利擁護研修
虐待グレーゾーン
障害者虐待防止法の理解と対応
グレーゾーンを分析し虐待未然防止のために
身体拘束適正化研修
虐待グレーゾーンの事例検討会
困難事例の事例検討会
アンガーマネジメント
役職別研修・社内イベント
サービス管理責任者合同研修
主任合同研修
サビ管候補者養成研修
SHIP事例発表会
外部研修
強度行動障害支援者養成研修
障害者グループホーム専門研修
障害者グループホーム従事者
基礎研修
医療的ケアの現状と方向性
TEACCHブログラム研究
就労支援課題別セミナー
東京都サービス管理責任者
基礎研修
防火・防災管理者講習
救命救急講習
SMBCビジネスセミナー
(法人会員)
※14項目:200種類のWEB研修受講可能
etc.
国家資格所持比率
国家資格
あり
国家資格
なし
職員数 国家資格
所持率
正社員 75人 18人 93人 80.60%
パート 43人 149人 192人 22.40%
合計 118人 167人 285人 41.40%
国家資格あり
正社員 75人
パート 43人
合計 118人
国家資格なし
正社員 18人
パート 149人
合計 167人
職員数
正社員 93人
パート 192人
合計 285人
国家資格所持率
正社員 80.60%
パート 22.40%
合計 41.40%

社会福祉士 精神保健
福祉士
介護福祉士 公認心理師 保育士 看護師/
准看護師
正社員 32人 33人 42人 12人 6人 0人
パート 3人 3人 32人 0人 3人 9人
合計 35人 36人 74人 12人 9人 9人
社会福祉士
正社員 32人
パート 3人
合計 35人
精神保健福祉士
正社員 33人
パート 3人
合計 36人
介護福祉士
正社員 42人
パート 32人
合計 74人
公認心理師
正社員 12人
パート 0人
合計 12人
保育士
正社員 6人
パート 3人
合計 9人
看護師/准看護師
正社員 0人
パート 9人
合計 9人

資格取得補助制度活用人数
2019年度 2020年度 2021年度
8人 3人 7人
2019年度8人
2020年度3人
2021年度7人

社会福祉の担い手不足

福祉のやりがいや魅力を発信し、福祉職に将来性と夢を

2021年度 オンラインイベントや勉強会・講演会等の社会貢献活動の実績報告

▼外部主催

 6月 明星大学心理学部1年生向けの授業講師
『成人した障害者の将来を考える
(障害のある人が福祉サービスにつながるまでの流れ)』
10月 明星大学心理学部2年生向けの授業講師
『相談援助の基本姿勢
(援助関係のつくり方を『バイステックの7原則』から学ぼう!)』
11月 明星大学心理相談センター 公開講演会講師
『精神障害福祉における生活支援と就労支援の最前線
(エッセンシャルワーカーをどう支えるか)』
 6月 明星大学心理学部1年生向けの授業講師
『成人した障害者の将来を考える
(障害のある人が福祉サービスにつながるまでの流れ)』

▼SHIP主催

 1月 一般向け タスクペディア・スタートアップ講座開催
 2月 仕事がうまくいかない人のための『タスク管理』オンライン相談会
 4月 てんかん患者で話す場『パープルカフェ』オンライン交流会
 7月 『福祉業界の女性のキャリアを考える』オンライン勉強会
 8月 『重度知的障がいをもつ方が地域で暮らすには』オンライン勉強会
 8月 一般向け 『タスクペディア・スタートアップ講座』
12月 一般向け 『人と接する仕事で燃え尽きないための対人キャラクター創作講座』
12月 自閉症支援勉強会

実習生の受入れ実績報告
2021年度
大学名 公認心理師 精神保健福祉士
聖徳大学 1名 2名
明星大学 4名 0名
早稲田大学 6名 0名

2021年度

聖徳大学 1名 2名
明星大学 4名 0名
早稲田大学 6名 0名

職員の『働きやすさ』79.1% | 職員の『満足度』80.6% | 有給休暇取得率52.7% | 育児休業取得率75.0% | ※2021年度調べ

医療や他業種との連携不足

医療や他業種との連携を強化し、地域社会に開かれた福祉へ

協力医療機関
  • 医療法人永寿会 恩方病院
  • 医療法人社団晃山会 松江病院
  • 医療法人社団朋百会 立川富士見クリニック
  • (敬称略、順不同)
歯科機関
  • 金丸歯科クリニック
  • 等信会デンタルクリニック
  • (敬称略、順不同)
利用者就職先企業
  • 株式会社IFY
  • 株式会社ライフコーポレーション
  • 太平ビルサービス株式会社
  • SBCメディカルグループ
  • ブリヂストンチャレンジド株式会社
  • 社会福祉法人SHIP
  • 大東建託株式会社
  • ワタミ株式会社
  • 社会福祉法人蕗の会
  • 株式会社トッパン・フォームズ
  • ほか18社
  • 掲載許可をいただいた企業様のみ記載
    (敬称略、順不同)

参考

東京都障害者・障害児施策推進計画
(令和3年度~令和5年度)より抜粋

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shougai/shougai_shisaku/shougai_keikaku/keikaku03_05.files/2-2_keikaku_030930.pdf 

東京都障害福祉計画では、在宅の障がい者の親元からの自立や、入所施設、精神科病院から地域生活への移行を進める方針を掲げています。
特に重度知的障がい者の方々は、地域での福祉サービスの選択肢が少なく、支援を必要としている潜在的な障がい者や家族が多く存在しています。
SHIPでは、計画的に事業展開を進め、量の拡充を計り、障がい者のニーズに応えていきます。

近年、障害福祉サービス事業に参入する法人が増え、福祉サービスの”量”の拡充は徐々に満たされてきている現状があります。一方、急速に拡がっていったことにより、サービスの”質”が問われるようになってきていることも事実です。
SHIPでは、『根拠のある支援』を追及するため、充実した社員研修や支援の平準化への取り組み、新しい支援方法の開発をおこない、利用者様へのサービスの”質”の向上に尽力していきます。

障害福祉サービス利用者が増加する一方、生産年齢人口(15歳〜64歳)が減少し障害福祉人材が不足しています。障害福祉関係分野の有効求人倍率は全職業平均よりも高く、職業としての魅力向上が大きな課題です。
SHIPでは、処遇改善の取組みや支援者としての魅力をブログやSNSを通じて発信しています。また、地域貢献として勉強会などのイベント開催や資格取得実習の学生を積極的に受け入れ、未来の社会福祉の担い手育成に力を入れています。

福祉事業では障害者への毎日の生活全般をサポートする役割が求められますが、病気や健康面を支援する医学的機能はとても脆弱です。SHIPでは医療連携の促進や当法人による医療事業を計画し、この問題の解決を目指します。
また昨今では、障害者の社会進出が奨励される一方で、施設コンフリクトや障害者雇用率の低さなど、社会の側には課題が多く残っています。障害者に対するネガティブなイメージを解消するために、地域や企業を対象としたイベント開催やパートナーシップを促進していきます。