統合失調症ってどんな病気?

大便でトイレに座ろうとしたら、便座が上がっていて、便器に落ちそうになった事務局の上田です。
さて、今日は、統合失調症についてお話ししたいと思います。
統合失調症には、まだまだネガティブなイメージがあるので少しでも払拭していきたいのです。
 
<統合失調症の症状は大きく3つ>
統合失調症の中核症状は、①陽性症状、②陰性症状、③認知機能障害です。
 
①陽性症状
『なかったものが現れる』症状です。具体的には『幻聴』が現れます。

幻聴は周りに人がいないのに声が聞こえてくる症状です。
幻聴の基は『自分自身の心にある考え』だったりします。
自分しか知らないはずの考えが色々なところから聞こえてくるのです。自分の心の声が世の中に筒抜けになり、とても不安になりますが、周りの人には聞こえていません。この現象を周りの人に伝えても理解してもらえません…
信頼している家族や友人にもこの大変な事態を分かってもらえなくなると、自分ひとりでこの現象を必死に解釈しようと考えます。
そしてある日、このように考えると腑に落ちるのです。
「国家ぐるみで自分のことを監視しているからだ!」などと
このような思い込みを『妄想』といい、誰になんと言われても訂正不能な確信へと変わっていくのです。
 
ちなみに陽性症状は、お薬で改善することができますのでご安心ください!

②陰性症状
『あったものが失われる』症状です。具体的には『感情や意欲』が失われます。

感情には喜怒哀楽がありますが、自分の感情を表現することも、相手の感情に共感することも難しくなってきます。このような状態を『感情の平板化』といいます。
また、何かを自発的におこなおうという意欲も湧かなくなります。働く意欲が湧いてこなかったり、ひどい時には着替えなどの日常的な生活動作も億劫になります。
統合失調症になった人が引きこもりがちになるのは、陰性症状が理由にあります。
 
陰性症状も、お薬や休息や生活習慣で改善することができるのでご安心ください!

③認知機能障害
『あったものが失われる』症状です。具体的には『認知能力』が失われます。 
認知能力は『注意力・記憶力・集中力・情報処理能力・計画実行能力・問題解決能力』のことです。

 
今までだったら当たり前にスムーズにできていたことが、なぜか上手くいきません。
ある出来事がおこった時に、その事象に注意を向けることが難しくなり、少しの間集中して記憶しておくことが難しくなります。
そうなると、情報を処理することが難しくなり、問題が起こった時に計画を立てて実行に移し、解決していくというプロセスが難しくなります。
今まで当たり前にできていたのに…
 
実は認知機能障害は、お薬による改善が見込めないのです…
改善の方法としては、出来事のとらえ方や考え方の修正を図る『認知行動療法』や、認知能力そのものの改善を図る『認知矯正療法』があげられます。
並行して生活や職業のリハビリテーションをしていくことで改善が見込めるのでご安心ください!

<周りの人たちの接し方のポイント>
統合失調症の患者さんたちが『家族に希望すること』を調査した結果によると、
1位:もっと私の気持ちを分かってほしい
2位:あまり口やかましく指示しないでほしい
3位:傷つけるような言動をしないでほしい
※「全国精神障がい者家族会連合会」によるアンケート調査
つまり、もっと『共感してほしい・理解してほしい』ことがポイントとなります!

幻聴はお薬によって改善される症状ですが、お薬を中断することで再発することもしばしばです。
ある調査によると、お薬を中断した際の再発率は83%にもなります。
また、お薬以外にも
幻聴が再発する4つの要素をおさえておくことが大切です。
①不安、②孤立、③不眠、④過労
※「正体不明の声」著者:原田誠一
幻聴を引き起こすとされる4つの要素とあわせて、病気や薬の特徴について、統合失調症の患者さんはもちろんのこと、家族をはじめとした周りの人たちが、お互いに正しく理解していくことがとっても大切です。
 

<最後に知っておいてほしいこと>
日本のアホなマスコミが、統合失調症など精神障害者に対するネガティブなニュースを広めた結果、あたかも精神障害者が犯罪を犯しやすいというイメージが少なからずあります。
そこで、病気と犯罪に関する誤解を解きたいと思います。
日本の犯罪率は、133人に1人程度の割合でおこります。
精神障害者の犯罪率は、953人に1人程度の割合でおこります。
※平成24年度の犯罪白書・障害者白書・人口統計より
つまり、精神障害のない一般市民のほうがよっぽど危険な存在なのです!
また、統合失調症は100人に1人弱が罹る身近な病気ですし治療によって改善可能な病気なのです。
少しでも世の中の偏見が減ることを祈ります!