完璧主義者の悲しき末路…

最近、自分らしい生き方とは何か…?について、迷走している上田です。
この度のタイトル『完璧主義者』とは、まさに私のことです。
そして、おそらく私の人生には『悲しき末路』があると推測できます…
 
人の病気は、身体に先に出るか?こころに先に出るか?
今回は、身体に出るバージョンの話をしたいと思います。
ちなみに、私の人生の悲しき末路は、おそらく『心筋梗塞』です…

ストレスのタイプ別行動パターン
アメリカのお医者さんフリードマン&ローゼンマンさんが提唱したこの説(1950)。
ネット検索:無料心理テストがあるのでやってみては?

① タイプA行動パターン
このタイプの人は、ストレスがあるくせにそれをストレスだとは認めず、闇雲に頑張り続ける努力家の人です(私です)。
一見、デキる系のこのタイプの人は、実は余裕がなく、デキない自分を責め続け、残業などで自分を酷使しながら何とかやり過ごすことに必死です。
一日の大半をイライラ過ごしているので、血圧は上がるし、脈拍は上がるし、血小板の凝固は進むし、インスリン分泌は減るし、そのくせドカ食いするし、糖尿病になりやすいし、血管に何かつまりやすいし、心疾患にかかりやすいし…
つまり、タイプA行動パターンの人は、糖尿病や狭心症や心筋梗塞になりやすいので要注意ってことです!

② タイプB行動パターン
このタイプの人は、とてもマイペースで、競争などをせず、穏やかな性格傾向の人です。
先ほどのタイプA行動パターンと真逆の人ですかね。
一見、不思議系のこのタイプの人は、こころにゆとりがあるので、人間関係を円滑に進めることができます。
基本的に争わないので、人間関係を勝ち負けで考えるようなことはしませんし、自分にも他人にもハードルが低いので、穏やかに過ごすことができます。
タイプA行動パターンの人とは逆で、血圧・脈拍・インスリン安定… 結果として身体は健康ってことになりますね。

③ タイプC行動パターン
このタイプの人は、自分を犠牲にしてまで相手に気を遣い続ける人です。
本当に真面目でイイ人なのですが、実はストレスを自分の中に封じ込めているだけなので危険です。
実は、恐ろしいことに、タイプ『C』Cancer』の頭文字です。
Cancer(キャンサー)って何…?
癌 』のことです。
どうやら慢性的なストレス状態は、免疫機能の低下リスクを招くようで、それが癌につながると考えられています。

<どうすればイイんだ…?>
この3タイプから見ると、タイプB行動パターンを目指せばイイんだな!
って、そう簡単にはいきません。
 
個人的には、
タイプAの人におススメするのは『アンガーマネジメント』です。
タイプCの人におススメするのは『タスクマネジメント』です。
実は、これらの講義、社会福祉法人SHIPで働く職員は受講できます。
実は、これらの講義、EXP立川の利用者様は受講できます。
つまり、社会福祉法人SHIP関わると、色々学べるってことです。
 
ジャ〇ネット・た〇た 流の営業トークになってしまいましたが…
皆さんと一緒に学べる日を楽しみにしています。