”仕事術図鑑” のクラファンの取組みが『こころの元気+』で紹介されました

2021年3月に終了したクラファンですが、寄贈先である『うつリカバリーエンジン』の代表者:長谷川さまのご厚意で、私たち社会福祉法人SHIPの取組みや仕事術図鑑の内容について、メンタルヘルスマガジン『こころの元気+』の「2021年9月号 ちょっとおススメ」のコーナーに記事を掲載していただきました。

 

 

<うつリカバリーエンジン とは?>

『うつ病になる前よりも回復後のほうが素晴らしいと思える人生を』

 

 

代表者の長谷川さまが、自らのうつ病の経験をもとに、うつ病の方の症状改善・社会復帰(復職・再就職)・リカバリーを力強く支援したいとの思いから、任意団体『うつリカバリーエンジン』を設立し、ピアサポート事業として、ピアサポートグループ『ガレージとーく』を立ち上げられました。

「力強く支援するエンジンになりたい」という思いから、任意団体名は『うつリカバリーエンジン』と名前を付けたそうです。(活動拠点:長野県塩尻市)

 

 

<メンタルヘルスマガジン『こころの元気+』とは?>

コンボ(COMHBO:地域精神保健福祉機構)の賛助会員の方にお届けしている月刊誌のメンタルヘルスマガジンです(書店では販売されておりません)。

毎月約1万部を障害当事者・ご家族・医療機関・支援機関等に向けて発行されている業界ではちょっと有名な雑誌です。