動機づけ面接法を学ぶ会

人には独特の感覚刺激を好む特徴があります。
私の場合、ここだけの話ですが、耳をかっぽじって耳クソの匂いを嗅ぐことで癒されています。
皆さんも人に言えないような感覚探究があるのではないでしょうか?

さて、社会福祉法人SHIPでは『動機づけ面接法』を積極的に学んでいます。
人が行動を起こすときには必ず動機があるはずです。
もし、動機なく行動を起こしている場合、他人が行動を決めているわけですから「あの人がやれって言ったからやった… あの人せいで失敗した… 最悪…」といった具合に他罰的になるのは必然です。
実は、障害福祉サービスを利用する人の中には、自分が望まずにサービスを利用している人が少なからずいらっしゃいます…
そんな中『動機の全くない人なんてこの世にいないんだ!』という前提に立つためにも、私たちはこの研修に取り組んでいます。

【人は自分の言った言葉を信じる傾向がある】
コンプライアンスという言葉があります。
言われたことに従うといった主従関係を示す言葉です。
例えば、お医者様の言うことは絶対!だったりします。しかし残念なことに、治療方針に従わず、慢性疾患の症状を進行させる生活習慣に陥っています。
一方、アドヒアランスという言葉があります。
積極的に治療方針に参加するという関係を示す言葉です。
そこには、治療方針を自ら選択して自ら決定する『インフォームドコンセント』が存在し、患者も主体的に責任を負っていくというプロセスが存在します。
面白い現状として、コンプライアンスのような指示的な関わりが増えるほど「でも…」と言って、治療方針に反証し、反証した自分自身の言葉を信じていく傾向が強まります。
一方、アドヒアランスのような共感的態度で自律性を尊重した関わりが増えるほど「~したい、~できそう、~だからやる、~は大切、~をやってみる」と言って、治療方針に主体的に参加する発言が増え、変化に向けた自分自身の言葉を信じていく傾向が強まるのです!

【チェインジトーク】
動機づけ面接法では、まず、4つのチェインジトーク(変化に向けた言葉)をたくさん発言してもらうように導きます。
Desire:願望の言葉(~したい)
Abirity:能力の言葉(~できそう)
Reason:理由の言葉(~だからやる)
Need:必要の言葉(~は大切)
このようなチェインジトークをたくさん引き出すことで、徐々に変わる側へ動機を高めていきます。
なぜなら、人は自分の言った言葉を信じる傾向があるからです。

そんなに上手くいかないと思う…?】
支援者としてクライエントの『ネガティブな側面』は、ありありと見えてしまいます。
「絶対にこうしたほうがいい!」と客観的には分かるので…
でも、忘れてならないことは、『その人の人生はその人が決める』ということです。
 
人は必ずアンビバレンス(両価性)に陥っているものです。例えばダイエット。
散歩をした方が良いとは分かっていても、家でお菓子を食べてしまう…
このような状態がアンビバレンスな状態です。
ここで「散歩してください!」と忠告したい気持ちをグッと抑えて、
「ダイエットのために、あなたなりに考えられることはありますか?」と聴いてみてください。
きっとチェインジトークが引き出せると思いますよ!
もし、SHIPで一緒に働くことになったら、ぜひ、動機づけ面接法を広げるパートナーになって頂きたいと思います!