Loading posts...
  • 意外と身近な〇〇依存症

    『自分は依存症という病気なんだ』と認めること。認められれば、病気なんだから治療受けられます。依存症は『否認の病気』… だからこそ認める勇気が最も重要です!

  • 第一回TTAP結果支援導入検討会in子笑

    TEACCHでは、成人期の生活を高校卒業してからアプローチするのでは遅すぎると考え、TTAPを開発しました。個々の強み・弱みを分析し、小学生から成人後の生活を想定したカリキュラムの実施を進めています。

  • 動機づけ面接法を学ぶ会

    社会福祉法人SHIPでは『動機づけ面接法』を積極的に学んでいます。
    人が行動を起こすときには必ず動機があるはずです。
    『動機の全くない人なんてこの世にいないんだ!』という前提に立つためにも、私たちはこの研修に取り組んでいます。